かかと・足裏の角質ケアでお悩みの方へ

角質ケアをする前に、まず皆さんに知ってもらいたいのは「角質は肌に必要なもの」ということです。「お肌のトラブルの元」といったイメージさえある角質は、なぜ必要なのでしょうか?最初に角質の役割からご紹介いたします。

 角質の役割

「角質ケア」「角質除去」という言葉を良く目にします。その為、角質層に悪いイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

 

ですが、角質層は外からの有害な刺激を体内に伝えないようにする働きがあり、実は身体を守るための大切な存在なのです。

 

もし皮膚に角質層がなかったら、紫外線が直接体内に入り込んでしまいますし、体内の水分がどんどん外気へ出て皮膚がすぐ乾燥してしまったり・・・・つまり、角質がなければ人間は健康体でいられなくなってしまいます。

 ターンオーバーと角質の関係

角質はどのようにつくられるのでしょうか?

 

まず、表皮の一番内側にある基底層で角質の基となる細胞が作られます。

 

そして基底層で生まれた細胞は形を変えながら少しずつ肌の表面に押し上げられていき、やがて角質層として形成されていきます。

 

角質層へと変化した細胞は死んだ細胞で、角質層となってからしばらく後に自然と垢(アカ)として剥がれ落ちます。

 

 必要な角質と不要な角質の違い

このターンオーバーが正常に働いていれば、

キレイな肌をキープできることはもちろん、角質層の皮膚は、外部の刺激から守ってくれる重要な役割を果たします。

 

角質は本来お肌にとって必要な存在です。

しかし、角質が剥がれることなく残ってしまうと、角質層はどんどん厚くなっていき、カサカサになってしまいます。

 

特にヒジやヒザ、かかとなどの皮膚が乾燥して角質が厚くなりやすい部分です。

 

古い角質が蓄積してしまうと、肌の透明感がなくなり、皮膚がガサガサになり硬くなってしまいます。

この蓄積しすぎた角質が不要な角質です。

 

角質層は、水分を逃がさないためであったり、角質を作ることで弱い部分のダメージを減らすためであったり、人間にとって必要だからできいます。

ただ、蓄積しすぎてしまうとデメリットの方が大きくなってしまうので適切なケアが必要です。

 

かかと・足裏に角質がたまる原因

乾燥が激しい季節になると、かかとがガサガサしたり、ひび割れて皮がむけてしまったり……。 足裏やかかとの角質がたまりやすいのはなぜでしょう?

かかとの角質が厚くなる一番の原因は外部刺激と乾燥です。

 角質の役割

「角質ケア」「角質除去」という言葉を良く目にします。その為、角質層に悪いイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

 

ですが、角質層は外からの有害な刺激を体内に伝えないようにする働きがあり、実は身体を守るための大切な存在なのです。

 

もし皮膚に角質層がなかったら、紫外線が直接体内に入り込んでしまいますし、体内の水分がどんどん外気へ出て皮膚がすぐ乾燥してしまったり・・・・つまり、角質がなければ人間は健康体でいられなくなってしまいます。